templatemo.com 為替レートの見方

為替レートは、一般的なニュースでも伝えられています。この為替レートとは、自国の通貨と外国の通貨との交換比率のことを言い、日本円ならば、例えばアメリカのドルとの交換比率です。

そして例えば米ドルと円の為替レートは、1ドル99円50銭~99円52銭などと幅をもって伝えられます。これは売る時と買うときの値段となっており、この2銭の差のことをスプレッドと言います。

為替レートが変動する理由

為替レートが変動する理由は、たくさんありますが、基本的には、通貨同士の需給バランスによって決まることを忘れてはいけません。これは一般的な他の商品と同じで、多くの人が買いたいと思う人気がある商品(通貨)は高くなり、人気がない商品(通貨)は、低くなります。そして高くなりすぎて割高感がでれば人気の上昇は止まり、安くなって割安感が出れば、人気が出てくることになります。

世界の主な通貨

米ドル

世界中の基軸通貨が、この米ドルです。以前に比較して影響力が弱くなったとは言え、基軸通貨といえるのはこの米ドルだけです。FXにおいては、mt4ユーザーにとっても流通量が最も多く、情報も豊富なため、取扱い安い通貨と言えます。

ユーロ

第2の基軸通貨を目指してEU諸国が共同で発行しているのがユーロです。リスクヘッジのためにユーロの保有高を増やしている国が多くあり、今後もユーロの需要は増えていくでしょう。

英ポンド

ユーロ、に加盟していないイギリスが発行している通貨です。現在は、イギリス国内の通貨以上の国際的な意味合いは少なくなっています。FXにおいては、比較的動きが激しいことから、大きな利益を狙って投資をする人に人気の通貨です。

カナダドル

カナダは、比較的資源が豊富な、資源輸出国で、為替レートの動きは穏やかです。しかし貿易の大部分が米国との取引であるために、米国の経済状況や政治状況の影響を大きく受ける傾向があります。

オーストラリアドル

オーストラリアも資源輸出国であり、世界的な低金利時代にあって、今でも比較的高金利を保っていることから人気の通貨です。

ニュージーランドドル

オーストラリアと経済的なつながりが強いのが、ニュージーランドです。そのオーストラリアと同様に、高金利なことが魅力です。

スイスフラン

経済規模や流通量は決して大きな通貨ではありませんが、現在は有事や世界経済に不安定さがあるときに、リスクヘッジの避難先として買われる傾向がある通貨です。しかしある程度のフラン高になると、政府が為替介入を行なうので、その変動幅は限定的です。

南アフリカランド

南アフリカも資源輸出国であり、高金利の通貨です。海外FXでは扱っているところも豊富にあります。金やメタル類の輸出が多く、これらの価格が上がると、それに伴ってランドの価格も上昇する傾向があります。
 

自動売買ソフトと資産運用

自分が最初株取引を始めた結果はと友人に株の自動売買ソフトがあるんだけど興味ないかといわれ、前から資産運用について興味があったので話だけでもきいてみることに。

その結果少ない資産ではじめてそのソフトでは少し負けたのですが自分でいろいろ調べて今では、自分の力で運用するようになりました。少額の資産で信用取引などもほとんどしていないため大きくかったり負けたりすることはないですが、始めたときより少し増やせています。