templatemo.com 為替が変動する理由

為替は常に変動していますが、その理由は、他の一般的な商品と基本的には変わりません。ある通貨に人気があると、その需要が高まるために、価格は上昇します。対して人気がない通貨は、需要が低くなるので、価格が下ることになります。そして価格の上昇が行き過ぎたことで割高感がでると、人気が下がって、価格も下がります。また価格が下がり過ぎると割安感がでることで人気は上昇します。

そして為替の場合には、その人気は常に相対的なものになります。米ドルと円の場合なら、米ドルの人気が上がれば円の人気が下がり、円の人気が上がれば米ドルの人気は下がることになります。常にこのようなバランスを取り続けているのが為替レートなのです。

そしてこの人気が上がる、あるいは下がるのは、景気などの経済要因や金利などの経済政策を始めとした様々な要因が複雑に絡み合っています。そしてその動きを正確に予測することは、FX比較のプロのベテラン投資家であっても不可能であり、それだけその要因が多様で、そして複雑であることが分かると思います。そしてその通貨ペアには、本当に多くの種類があります。基本的には、通貨を発行している国の数だけ通貨ペアがあると言えます。しかしその中でも直接、そして日常的に取引きがある通貨は限られます。そしてFXなどで取引きができる通貨ペアはさらに限られることになります。

為替レートの変動に大きく影響することの1つに、各国の金利があります。基本的に高金利の通貨の人気は上がり、低金利の通貨の金利は下がります。それは高金利の通貨を保有していれば、その金利を受け取ることができるからです。例えば銀行預金で、A銀行の年利が5%でB銀行の金利が1%だとすると、ほとんどの人はA銀行にお金を預けることになるでしょう。通貨の場合にも、基本的には同じ考え方になります。

ファンダメンタルズ(経済指標)の影響

為替レートの変動には、金利の他にも、ファンダメンタルズが大きく影響します。ファンダメンタルズとは、簡単にいえば経済をマクロ的に見た時の経済や景気を判断する指標です。具体的にはGDPの成長率(経済成長率)や物価上昇率、失業率、金利政策などです。そしてこれらのことを含めたその国の財政状況が、為替レートに大きな影響を与えます。

例えば、少し前にギリシャの財政危機があり、その影響でユーロが大きく下落したのは記憶に新しいところです。この様に各国の経済や財政状況は、為替に大きな影響を与えますが、その中でももっとも影響をあたえるのが、アメリカの状況です。基軸通貨である米ドルはアメリカだけでなく、世界中の取引きの決済に使われています。実際に米ドル/円のXE Marketsの為替レートで見てみると、日本国内の状況よりもアメリカ次第というのが現実です。そしてアメリカがくしゃみをすると世界中が風邪をひくことは、リーマンショックの影響が物語っているでしょう。

自動売買ソフトと資産運用

自分が最初株取引を始めた結果はと友人に株の自動売買ソフトがあるんだけど興味ないかといわれ、前から資産運用について興味があったので話だけでもきいてみることに。

その結果少ない資産ではじめてそのソフトでは少し負けたのですが自分でいろいろ調べて今では、自分の力で運用するようになりました。少額の資産で信用取引などもほとんどしていないため大きくかったり負けたりすることはないですが、始めたときより少し増やせています。