templatemo.com 日本のFXの歴史

FXという言葉は、一般的になりました。FXとは英語のForeign eXchangeの略で、日本語では、外国為替証拠金取引と言います。また英語ではFXのことを、一般的にForex(フォレックス)と呼ぶことが多いようです。日本で有名な24 optionは同じ金融を扱っている企業ですが、その中でもハイローの取引を中心にしたバイナリーオプションの専門業者です。

日本のFXの歴史は、比較的浅いものです。日本国内では1998年まで、個人が外国為替証拠金取引をすることはできませんでした。しかし法律が改正されたことで、1998年から個人投資家の外国為替証拠金取引が可能となり、その資金効率の高さなどから人気を集め、現在でも強い人気を誇る金融商品の1つとなっています。

FXってどんな取引?

この外国為替証拠金取引は、実際にはどんな取引なのでしょうか。簡単に言えば、お金でお金を買う取引です。世界では、それぞれの国が発行している多くのお金(通貨)が流通しています。それは日本は円で、アメリカなら米ドル、EU諸国ならユーロ、オーストラリアなら豪ドルになります。

そして実は気がつかないうちに、多くの人が外国のお金の取引を経験しているのです。それは海外旅行です。例えば人気の海外旅行先であるハワイに旅行に行く時には、ハワイで使うことができるお金は日本円ではなく米ドルです。そして米ドルを手に入れるために、銀行の窓口などで、日本円を売って、米ドルを買っています。つまりお金を売って、お金を買っているのです。このように、日本円を売って米ドルを買うことで、手元には米ドルが手に入り、ハワイでショッピングや食事などができるようになります。

為替レートってなに?

ものを買うときには、必ず値段があります。缶ジュースが、1本120円などです。そしてお金を買うときにも、値段があります。しかしお金の値段は、例えば缶ジュースの様に一定ではなく、常に変動しています。そのお金の値段が、為替レートになります。テレビのニュース番組などで、1ドルは100円20銭ですなどと言っているそれのことです。つまりこれは、1ドルを100円20銭で買えるということになります。為替レートは常に変動しているので、数分後には1ドル100円10銭になったり、1ドル101円になったりするのです。
 

自動売買ソフトと資産運用

自分が最初株取引を始めた結果はと友人に株の自動売買ソフトがあるんだけど興味ないかといわれ、前から資産運用について興味があったので話だけでもきいてみることに。

その結果少ない資産ではじめてそのソフトでは少し負けたのですが自分でいろいろ調べて今では、自分の力で運用するようになりました。少額の資産で信用取引などもほとんどしていないため大きくかったり負けたりすることはないですが、始めたときより少し増やせています。