templatemo.com 海外のFX業者の口座を開設

いつもは国内にある日本のFX業者の口座を開設して、FX投資を行うことが一般的です。このような国内のFX業者の口座を持つのはよいですが、海外のFX業者の口座を開設してFXを行うのもおすすめになります。

こうした海外FXには、日本国内のFXにはない魅力もあります。こうした海外FXと国内FXの違いとしては、先ずレバレッジがあります。国内のFXではレバレッジは一律で最高25倍までになっていて、これに対して海外FXではレバレッジが100倍などの業者が数多くあります。

より大きなレバレッジでFXを取引したいと考えている投資家には海外FX(詳しく解説)も魅力的になります。海外FXで投資をすることでこのように資金効率の良い投資ができるようになります。

国内のFXでは、規制が入ったことにより従来までは海外FXのように高いレバレッジで取引ができていましたが、投資家保護の観点から最高25倍までとなっており、FXに普段から慣れている中級、上級の投資家の中には物足りないと感じている方々もいます。こうした海外FXの利点は、国内のFXにはないのでおすすめのポイントです。

海外FX業者の中でも、抜群の人気を誇るアイフォレックス。人気を支えている要素の1つは、口座開設の迅速さと簡単さです。口座開設に必要なものは、連絡のためのメールアドレスと電話番号、入金に使うクレジットカードのみ。口座開設に際しては、書類の送信等は一切必要なく、サイトから必要事項を送信するだけで開設が完了します。

かかる時間は最短3分。FXがやりたい!と意気込んではみたものの、口座開設や入金に時間がかかってしまってはモチベーションもダウンしてしまうというものですが、アイフォレックスなら思い立った当日にすぐ口座開設、クレジットカードで入金をし、取引をはじめることも可能。クレジットカードで入金しておけば、同額の出金をショッピングキャンセルとして、いつでも行なうことができるという便利さも兼ね備えています。

2010年1月といった比較的最近にForexブローカーとして本格的に参入してきたPepperstoneでは、ECN方式を導入し低いスプレッドの提供を可能にするため様々なコンセプトを掲げています。スプレッドの広過ぎる幅や約定の遅れは投資家のチャンスを喪失させてしまうと考え、これを無くす事を目指すために企業努力も行っています。更に、「顧客であるトレーダーに満足できるサービスを、高いレベルで提供していく」事を最大の目標としています。このように、Pepperstoneでは、運営元の「Pepperstone Financial Pty Ltd」が、しっかりとした経営方針に則り、優秀な経営陣達が、日々高いクオリティのサービスを実現するために、明確なガイドラインを築き上げているのです。

また、預かった顧客の資金は大手銀行に預託することによって、資産を分別管理し、万が一の事態が起こったとしても、預かった顧客の資金は守られるように管理しています。預託している銀行も、格付けランクで上位に入るNational Australia BankやHSBC BANKですので安心です。新参者の業者であるからこそ、自社の信頼性や信用を高める努力も、このような姿勢から伺えます。 オーストラリアでは信託保全は義務付けられていないにも関わらず、信託保全の体制を整えているPepperstoneは、信頼できる業者であるとして高い評価を受けています。

24オプションは、世界中に向けてサービスを展開していますので、公式ホームページも英語を始め、日本語、フランス語、イタリア語、スペイン語、中国語などの全部で16もの多言語に対応しているバイナリーオプションです。もしはじめて24オプションのホームページにアクセスした時に英語であっても心配要りません。ページ右上部にある言語バーから日本語を選べば、すぐに日本語に変わります。また24オプションの取引プラットフォームも、もちろん日本語に対応しています。この取引ツールは、ソフトウェアをダウンロードやインストールする必要がなく、ウェブブラウザ上で動作するシステムになっています。

また24オプションの日本語サポートの充実度は、特筆に値するでしょう。日本人を含めた日本語サポート・スタッフを常駐させて、対応しています。これらのサポートは電話やメール、そしてライブチャットで受けうることができます。海外業者であることが心配である人も、このサポート体制なら、安心して利用できるでしょう。

FX投資で心配なのはやはり最低限の安心、取引自体の損失は投資をやる以上は仕方がないですが、それ以外の補償、手数料など、システムにまつわる点はやはりしっかりした業者を選びたいもの、この点でお勧めなのがXEマーケットです。

キプロス証券取引委員会の認可を受けているのをはじめ、イギリス、ドイツ、スペイン、オランダ、フィンランド、スウェーデンの証券取引委員会に所属、各国のマーケットのお墨付きです。この点だけでも大変安心ですが、更に顧客のお金を守り、万が一会社が倒産した際にも、投資家保護資金に加入しているため、完全にパーになることはありません。最大2万ユーロまでの保証ですから、まず安心です。つまり、バックボーンと不測の事態の対応には長けているのですね。取引以外のことに心配をすることない状況は、かなりストレスを軽減させます。どんな業種でも信頼に勝るものはありません。

海外FXの口座では、国内FXとは入金方法に違いがあります。海外FXの取引口座にはクレジットカードで入金をすることができるようになっています。この他にも決済代行業者や銀行の海外送金等を利用することができるようになっています。こうして色々な方法にて入金をすることに対応をしています。

この海外FXの口座の入金方法では一般的にクレジットカードを利用した入金が手軽にできておすすめになります。また海外FXでの出金の方法も同様になっていて、クレジットカードを利用したり、決済代行業者等を利用することができるようになっているので安全に出金をすることができます。この他海外FXの利用では、日本語にもサポートの対応をしているので英語ができなくても安心をしてFXに取り組むことができます。

海外FXを利用する際の利点としては、メタトレーダーといったシステムトレードに関心がある投資家には魅力があります。国内FXでは数社程度の取り扱いになっていますが、メタトレーダーは国内よりも世界中で幅広く利用され一般的になっていて、海外FXの利用ではこうしたサービスの内容が充実しており使い勝手がよいです。
このように海外FXではメタトレーダー等が広く利用されているので、この点はおすすめのポイントになります。もちろんこのメタトレーダーでは日本語にも対応しており安心をしてFXができます。


兼業作家とは、小説家として作品を発表する一方で、会社員など別の仕事もしている人のことです。

小説家となって本が売れれば、夢の印税生活ができると思われがちですが、現実にはなかなかそう上手くはいかないようです。

例えば、1500円の本が20万冊売れたとします。売上金額の10%の印税なら、3000万円の収入があることになります。ただしここから税金が引かれるので、実際の収入は1500万円ぐらいとなります。

それだけ稼げれば十分じゃないかと思うかもしれませんが、長い目で見れば、どれだけ節約生活を続けたとしても数年で使い切ってしまうことでしょう。

それではその先の生活が不安です。もちろん、続々とヒット作品を生み出していければ問題ありません。ベストセラーが続けば収入が途切れることがないので、十分やっていけます。
ですが、なかなかそう上手くはいかないのが小説家の世界です。
現実には、芥川賞や直木賞を受賞した小説家の方でも、他の職業との二足のわらじで生計を立てていることがほとんどなのです。

兼業作家としてやっていくのはもちろん大変なことです。
別の仕事に就くことで執筆作業の時間が限られてしまいますし、小説の執筆以外にも労力を割かなければいけません。
忙しさの中で疲労も蓄積されやすいことでしょう。

ですがその反面、兼業作家にはメリットもあります。
それは、社会とのつながりが広がるので、様々な情報を手に入れやすいことです。
別の仕事をしている中で、様々な経験を積むことができますし、そこから小説のアイデアが生まれることもあります。
また、安定した収入があることで、執筆活動に焦りを感じなくて済むのもメリットでしょう。

専業作家となると、それ1本で生計を立てていかないという焦りが出て、精神的に追い込まれることも少なくありません。
その点兼業作家は、別の仕事で必要最低限の生活費は確保できている状態なので、気持ち的に余裕を持って執筆活動が行えます。気持ちの余裕は、良い作品を生み出す可能性も広がります。

有名な作家の中には、兼業作家として活躍されている方が結構いらっしゃいます。
生活費のためだけでなく、良い作品を生み出すために、敢えて兼業作家になっている小説家の方も少なくないようです。

ある兼業作家の方は、アルバイトをした日の方が執筆活動が捗るのだそうです。
逆に、アルバイトが休みの日は、全然執筆が進まないと話されていました。面白いものです。

小説家と別の仕事とを並行して続けるのはかなり大変なことですが、その分小説の内容にもいい影響が加わっていることでしょう。

自動売買ソフトと資産運用

自分が最初株取引を始めた結果はと友人に株の自動売買ソフトがあるんだけど興味ないかといわれ、前から資産運用について興味があったので話だけでもきいてみることに。

その結果少ない資産ではじめてそのソフトでは少し負けたのですが自分でいろいろ調べて今では、自分の力で運用するようになりました。少額の資産で信用取引などもほとんどしていないため大きくかったり負けたりすることはないですが、始めたときより少し増やせています。